NGT

NGT

NGT
Part:Vo
Class:召喚獣

 

古くから魔界に棲む魔獣。
人間界に流出した魔導書を回収することを目的としており、かつては月影の神殿と敵対関係にあったが死闘の末に神殿を認め、魔導書ネームレスワン復元のために戦う召喚獣となる。

全身に魔力を纏っており、その濃度ゆえに魔力はまるで衣のように白く視認できる状態を保っている。
衣のように見える魔力は鎧の役目を成しており物理攻撃はもちろんのこと、並の魔法攻撃も貫通することは出来ない。
例え多勢で攻めたところで強固な鎧を纏うNGTにダメージを与えることは困難を極めるだろう。

恐るべきは魔力の鎧だけではない。術式が刻まれた魔剣はエーテルを極限まで凝縮したもので、高エネルギーの塊である刃に斬りつけられた対象は痛みを感じる間もなく絶命する。
基本的には短剣のような形状をしているが、呪文を詠唱することで一時的に刀身の長さが延長される。四方千里を斬り刻むほどの長さになると言われているが実際の長さは計測不可。

NGTは魔界と繋がった穴より漏れ出たエーテルの影響で魔獣化した現世生物とは根本より大きく異なる、魔界原産の”オリジン種”に分類される魔獣である。
魔獣の中でも人型を維持できるのはオリジン種において高位の個体のみであり、それぞれ”魔獣態”と呼ばれる真の姿を持つ。
彼のその姿は竜とも獣とも取れぬ双角の巨躯を誇り、背部に隠された翼を展開することにより高速飛行も可能となる。

 

-ULTIMATE-  [ 周囲に一定量のエーテルが存在する場合のみ発動可能 ]
指先に大気中のエーテルを収束し、魔力弾を生成する。
放たれた魔力弾は一撃必殺の消滅波となり、超高速で全ての物質を貫く。
発動後には周囲のエーテルが一時的に消失するため、魔導師をはじめとする魔力生成を大気中のエーテルに依存している者は敵味方問わず無力化される。

 

-召喚獣効果- [ メイン召喚獣に設定している場合に発動するステータスアップボーナス ]
メンバー全員の全属性の攻撃力と魔力回復速度を30%上昇させる。